menu

冬・椿の名古屋帯コーディネート

黒地の絣紬に椿の塩瀬名古屋帯。
ごく淡い鳥の子色の地色ですが、柄の背景にさりげなくハイライトの暈しが施されています。
静けさを纏ったコーディネートが愉しめそうですね♪

絣紬と椿の塩瀬名古屋帯のコモノをプラス。
トーンを抑えた上品な佇まいにしてみました。
ナチュラルな象牙色の帯締めは合わせやすく、コーディネートのまとめ役に重宝するアイテムですね♪

[きものお直し事例集①]

関連記事

  1. 今年の新作浴衣♪

    全国的な早い梅雨明けとともに、浴衣姿でお出かけしている方を目にするようになりました。今年もいよい…

  2. ホッとやさしげコーディネート

    前回ご紹介した地色の綺麗な花唐草柄の名古屋帯とやわらかな色づかいの米沢紬。米沢紬のやわらかな…

  3. 絣をかろやかに着こなすコーディネート

    米沢絣紬と「にしむら」の博多織八寸名古屋帯。やわらかな退紅色の帯締めとグレイッシュな菱格子の…

  4. ちょっと大人なお出かけ着物コーデ

    黒鳶の地色に松菱が品よく配された小紋に、糸質のよい上品な光沢の織の九寸名古屋帯。茶席や観劇な…

  5. やわらかく大島を愉しむ

    モダンな市松柄の大島紬に織の表情豊かな雪輪のしゃれ袋帯。やわらかみのある優しげなコーディネー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP