menu

[きものお直し事例集②]

今回ご紹介するきものお直し事例集は地色の染め替えです。地色の染め替えは薄い色に色をかけて濃くするケースが多いですが、濃い色から薄い色にすることも出来ます。

以前よりも絹地と薬品の品質が向上し、生地をあまり傷めずに脱色することが可能になりました。黒紋付(喪服)などのように何度も濃く深く堅牢に染められたものは難しいですが、ある程度濃い地のきものはきれいに脱色することができます。

事例では派手になってしまった朱色のきものを一度脱色し、発色のキレイな淡いグリーンに染めました。
気に入ったコートを持っていないということで羽裏をつけて長コートに仕立替え。
袷の時期に欠かせないアイテムができてとても喜んでいただきました♪

今回のお直しにかかった費用は下記の通りです。
・解き、洗張り、地色の染替え →¥21,000
・お仕立て(羽裏代別途) →¥30,000
合計 ¥51,000

YuianのYoutubeチャンネルを公開しました。

GWを愉しむイベントのお知らせ

関連記事

  1. うつくしい発色の草木で染めた帯揚げができました

    京都・丹後の織元さんからとてもキレイなバラの紋織の帯揚げが入りましたので、地紋を活かすように草木で無…

  2. 絣をかろやかに着こなすコーディネート

    米沢絣紬と「にしむら」の博多織八寸名古屋帯。やわらかな退紅色の帯締めとグレイッシュな菱格子の…

  3. 美しく可憐な京いろの名古屋帯

    美しい京紫地に可憐な花唐草柄の名古屋帯。白抜きに輪郭線と墨の濃淡だけの柄表現は、ほどよい光沢…

  4. 板締め絞りの麻着物

    生地を畳んで木型で挟んで染める「板締め絞り」。絞り染めの中でも古い技法といわれており、江戸時代には多…

  5. ちょっと大人なお出かけ着物コーデ

    黒鳶の地色に松菱が品よく配された小紋に、糸質のよい上品な光沢の織の九寸名古屋帯。茶席や観劇な…

  6. ホッとやさしげコーディネート

    前回ご紹介した地色の綺麗な花唐草柄の名古屋帯とやわらかな色づかいの米沢紬。米沢紬のやわらかな…

  7. [きものお直し事例集①]

    派手になってしまった柄の色味を抑えつつ、着回ししやすい柔らかな地色にお染替え。こちら…

  8. 板締め絞りと藍染

    藍染で板締め絞りの手ぬぐいを染めています。板締め絞りは布を規則正しく(時にはほどよくテキトウ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP