menu

[きものお直し事例集②]

今回ご紹介するきものお直し事例集は地色の染め替えです。地色の染め替えは薄い色に色をかけて濃くするケースが多いですが、濃い色から薄い色にすることも出来ます。

以前よりも絹地と薬品の品質が向上し、生地をあまり傷めずに脱色することが可能になりました。黒紋付(喪服)などのように何度も濃く深く堅牢に染められたものは難しいですが、ある程度濃い地のきものはきれいに脱色することができます。

事例では派手になってしまった朱色のきものを一度脱色し、発色のキレイな淡いグリーンに染めました。
気に入ったコートを持っていないということで羽裏をつけて長コートに仕立替え。
袷の時期に欠かせないアイテムができてとても喜んでいただきました♪

今回のお直しにかかった費用は下記の通りです。
・解き、洗張り、地色の染替え →¥21,000
・お仕立て(羽裏代別途) →¥30,000
合計 ¥51,000

YuianのYoutubeチャンネルを公開しました。

GWを愉しむイベントのお知らせ

関連記事

  1. HPをリニューアルしています

    Yuianは宮城県仙台市のちいさな着物サロン。産地の着物や作家の紹介や着付教室、着物でお出かけイベン…

  2. 板締め絞りの麻着物

    生地を畳んで木型で挟んで染める「板締め絞り」。絞り染めの中でも古い技法といわれており、江戸時代には多…

  3. YuianのYoutubeチャンネルを公開しました。

    2月に入ってからYuianのYoutubeチャンネルを公開いたしました。はじめての投稿はYuian…

  4. 板締め絞りと藍染

    藍染で板締め絞りの手ぬぐいを染めています。板締め絞りは布を規則正しく(時にはほどよくテキトウ…

  5. 2018 浴衣の会 開催!

    仙台も梅雨入りし、少しづつ夏への支度が始まろうとしています。今年の夏はどんな浴衣姿にしようか、今…

  6. 木製ブローチの新作ができました

    木製ブローチの新作「ふきだし」。少し大きめでまるっとした形がポイントです。PARCOのイベントに持っ…

  7. うつくしい発色の草木で染めた帯揚げができました

    京都・丹後の織元さんからとてもキレイなバラの紋織の帯揚げが入りましたので、地紋を活かすように草木で無…

  8. 今年の新作浴衣♪

    全国的な早い梅雨明けとともに、浴衣姿でお出かけしている方を目にするようになりました。今年もいよい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP