menu

[きものお直し事例集②]

今回ご紹介するきものお直し事例集は地色の染め替えです。地色の染め替えは薄い色に色をかけて濃くするケースが多いですが、濃い色から薄い色にすることも出来ます。

以前よりも絹地と薬品の品質が向上し、生地をあまり傷めずに脱色することが可能になりました。黒紋付(喪服)などのように何度も濃く深く堅牢に染められたものは難しいですが、ある程度濃い地のきものはきれいに脱色することができます。

事例では派手になってしまった朱色のきものを一度脱色し、発色のキレイな淡いグリーンに染めました。
気に入ったコートを持っていないということで羽裏をつけて長コートに仕立替え。
袷の時期に欠かせないアイテムができてとても喜んでいただきました♪

今回のお直しにかかった費用は下記の通りです。
・解き、洗張り、地色の染替え →¥21,000
・お仕立て(羽裏代別途) →¥30,000
合計 ¥51,000

YuianのYoutubeチャンネルを公開しました。

GWを愉しむイベントのお知らせ

関連記事

  1. “くるみ帯留めワークショップ”開催中

    毎年1月の末に行っている「結庵初市」今年はコーディネートを引き立てるおしゃれなコモノやバ…

  2. 「ミンネとパルコのミエルツアー」

    2016年10月8日〜10日、仙台PARCOで開催の「ミンネとパルコのミエルツアー」への出展が決まり…

  3. うつくしい発色の草木で染めた帯揚げができました

    京都・丹後の織元さんからとてもキレイなバラの紋織の帯揚げが入りましたので、地紋を活かすように草木で無…

  4. 板締め絞りと藍染

    藍染で板締め絞りの手ぬぐいを染めています。板締め絞りは布を規則正しく(時にはほどよくテキトウ…

  5. 〔SENDAI KIMONO Meeting〕会場の詳細

    明後日に迫った〔SENDAI KIMONO Meeting〕の会場の詳細をお知らせいたします。…

  6. 伊達武将隊の浴衣デザイン

    仙台藩祖・伊達政宗公生誕450年にあたる今年。仙台城址を拠点に活動されている「奥州・仙台おも…

  7. ホッとやさしげコーディネート

    前回ご紹介した地色の綺麗な花唐草柄の名古屋帯とやわらかな色づかいの米沢紬。米沢紬のやわらかな…

  8. 2018 浴衣の会 開催!

    仙台も梅雨入りし、少しづつ夏への支度が始まろうとしています。今年の夏はどんな浴衣姿にしようか、今…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP