menu

板締め絞りの麻着物

生地を畳んで木型で挟んで染める「板締め絞り」。絞り染めの中でも古い技法といわれており、江戸時代には多く活用されたようです。

特徴は畳んで染めることで生まれる幾何学的な大胆でモダンな文様と微妙なボケ味のある染め上がり。

IMG_1579

そんなシンプルながらも味わいと深みのある表情の板締め絞りの麻着物は、さわやかな着こなしを愉しめそうですね。

綿や麻の半巾帯やおしゃれな名古屋帯とのコーディネートがおすすめです。

IMG_1586

IMG_1627

IMG_1633

絣をかろやかに着こなすコーディネート

「ミンネとパルコのミエルツアー」

関連記事

  1. 2018 浴衣の会 開催!

    仙台も梅雨入りし、少しづつ夏への支度が始まろうとしています。今年の夏はどんな浴衣姿にしようか、今…

  2. 紋意匠の魅力を体感!「Yuian 無地の会」開催

    Yuian2月の催しは京都から「紋意匠」の色無地と魅力的な帯を寄せての「無地の会」です。光沢の美…

  3. 美しく可憐な京いろの名古屋帯

    美しい京紫地に可憐な花唐草柄の名古屋帯。白抜きに輪郭線と墨の濃淡だけの柄表現は、ほどよい光沢…

  4. 「ミンネとパルコのミエルツアー」

    2016年10月8日〜10日、仙台PARCOで開催の「ミンネとパルコのミエルツアー」への出展が決まり…

  5. くるみ帯留めワークショップ&フォトセッション

    くるみ帯留めワークショップ&フォトセッション開催のお知らせ。春の到来ももうすぐ♪…

  6. 伊達武将隊の浴衣デザイン

    仙台藩祖・伊達政宗公生誕450年にあたる今年。仙台城址を拠点に活動されている「奥州・仙台おも…

  7. 今年の新作浴衣♪

    全国的な早い梅雨明けとともに、浴衣姿でお出かけしている方を目にするようになりました。今年もいよい…

  8. うつくしい発色の草木で染めた帯揚げができました

    京都・丹後の織元さんからとてもキレイなバラの紋織の帯揚げが入りましたので、地紋を活かすように草木で無…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP