menu

板締め絞りの麻着物

生地を畳んで木型で挟んで染める「板締め絞り」。絞り染めの中でも古い技法といわれており、江戸時代には多く活用されたようです。

特徴は畳んで染めることで生まれる幾何学的な大胆でモダンな文様と微妙なボケ味のある染め上がり。

IMG_1579

そんなシンプルながらも味わいと深みのある表情の板締め絞りの麻着物は、さわやかな着こなしを愉しめそうですね。

綿や麻の半巾帯やおしゃれな名古屋帯とのコーディネートがおすすめです。

IMG_1586

IMG_1627

IMG_1633

絣をかろやかに着こなすコーディネート

「ミンネとパルコのミエルツアー」

関連記事

  1. 紋意匠の魅力を体感!「Yuian 無地の会」開催

    Yuian2月の催しは京都から「紋意匠」の色無地と魅力的な帯を寄せての「無地の会」です。光沢の美…

  2. 絣をかろやかに着こなすコーディネート

    米沢絣紬と「にしむら」の博多織八寸名古屋帯。やわらかな退紅色の帯締めとグレイッシュな菱格子の…

  3. くるみ帯留めワークショップ&フォトセッション

    くるみ帯留めワークショップ&フォトセッション開催のお知らせ。春の到来ももうすぐ♪…

  4. [きものお直し事例集①]

    派手になってしまった柄の色味を抑えつつ、着回ししやすい柔らかな地色にお染替え。こちら…

  5. YuianのYoutubeチャンネルを公開しました。

    2月に入ってからYuianのYoutubeチャンネルを公開いたしました。はじめての投稿はYuian…

  6. Yuianの新企画〔SENDAI KIMONO Meeting〕…

    「季節を キモノを 愉しむ」をテーマに自由参加型のイベントを開催いたします。長い冬がおわり待…

  7. かまわぬ浅草店の『藍色の手しごと展』に出展しています

    三日月荘の「板締め絞りの藍染てぬぐい」を、かまわぬ浅草店で開催中の『藍色の手しごと展』に出展していま…

  8. もうすぐ呉(5)服(29)の日

    今年もいよいよ到来です!!呉服の日は和装業界の振興と、より多くの人に和装の良さを知ってもらう機会…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP