menu

板締め絞りの麻着物

生地を畳んで木型で挟んで染める「板締め絞り」。絞り染めの中でも古い技法といわれており、江戸時代には多く活用されたようです。

特徴は畳んで染めることで生まれる幾何学的な大胆でモダンな文様と微妙なボケ味のある染め上がり。

IMG_1579

そんなシンプルながらも味わいと深みのある表情の板締め絞りの麻着物は、さわやかな着こなしを愉しめそうですね。

綿や麻の半巾帯やおしゃれな名古屋帯とのコーディネートがおすすめです。

IMG_1586

IMG_1627

IMG_1633

絣をかろやかに着こなすコーディネート

「ミンネとパルコのミエルツアー」

関連記事

  1. くるみ帯留めワークショップ&フォトセッション

    くるみ帯留めワークショップ&フォトセッション開催のお知らせ。春の到来ももうすぐ♪…

  2. 美しく可憐な京いろの名古屋帯

    美しい京紫地に可憐な花唐草柄の名古屋帯。白抜きに輪郭線と墨の濃淡だけの柄表現は、ほどよい光沢…

  3. 七草粥は七種類ではない!?

    あけましておめでとうございます。本年もYuianをどうぞよろしくお願いいたします。201…

  4. [きものお直し事例集①]

    派手になってしまった柄の色味を抑えつつ、着回ししやすい柔らかな地色にお染替え。こちら…

  5. かまわぬ浅草店の『藍色の手しごと展』に出展しています

    三日月荘の「板締め絞りの藍染てぬぐい」を、かまわぬ浅草店で開催中の『藍色の手しごと展』に出展していま…

  6. イベント『東京染めと京コモノの会』のお知らせ

    結庵ではすっかりおなじみの江戸小紋「江紋屋・三田村さん」と、京コモノ「一脇・脇坂さん」のお二人を仙台…

  7. “くるみ帯留めワークショップ”開催中

    毎年1月の末に行っている「結庵初市」今年はコーディネートを引き立てるおしゃれなコモノやバ…

  8. やわらかく大島を愉しむ

    モダンな市松柄の大島紬に織の表情豊かな雪輪のしゃれ袋帯。やわらかみのある優しげなコーディネー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP