menu

板締め絞りと藍染

藍染で板締め絞りの手ぬぐいを染めています。

板締め絞りは布を規則正しく(時にはほどよくテキトウに)畳んで上下を木型で挟み染める技法。
最も古い絞り染めのひとつで、ヒトが布に模様を施そうとした時に早い段階から用いられた染め方です。

三日月荘でオリジナルの布をつくることを始めた時から、この技法を使っていました。
比較的カンタンに柄をつくれるところ、幾何学が生まれる面白さ、描いたデザインになるように色を重ねていくプロセスや、よい柄がつくれそうな木型を思いついてつくらずにいられなかったことなど、いろいろな理由からです。

今までは化学染料や泥の鉄分で染めるベンガラ染料を多く使っていましたが、今年の秋から藍で染めています。

板締めの特徴として、染料のにじみや柄のエッジのボケ味、畳んだ外側と中心部で染料の入り方が違いうまれる濃淡などがあげられます。
この板締めならではの良さは藍で染めるとより一層引き立ちます。

藍染の経験がある方はご存知かと思いますが、藍はとても勢いのある染料です。
“生命力がある”というほうが正しいかもしれません。

何ヶ月も発酵させてつくった染料の元である“すくも”を、天然の灰汁や化学の力で呼び戻すようにして染めていきますので、そのはかなくも力強い生命力を感じるのです。
染液に入れた後空気に触れて発色しますので、型を外して布を広げる間にもどんどんと滲んでいきます。
そうして白く抜けるところに入り込んでいった藍の表情がとてもよく、その布のもつ個性をつくりだしてくれます。

藍はロウケツで染められることが多いのですが、蝋で伏せたところにも色が入るので、蝋の置き方に強弱をつけて豊かな濃淡の表現ができるところがその大きな理由です。
板締めの場合にもそのロウケツで生まれたような濃淡ができ、規則正しい幾何学のなかに作為の及ばない自然な表情がうまれるデザインは大変面白い仕上がりだと思います。

これからも板締め絞りと藍染の組合せで、布を染めたいと思います。

http://shop-mikazukisou.net/?category=%E6%89%8B%E3%81%AC%E3%81%90%E3%81%84

うつくしい発色の草木で染めた帯揚げができました

季節を愉しむ染九寸名古屋帯

関連記事

  1. [きものお直し事例集①]

    派手になってしまった柄の色味を抑えつつ、着回ししやすい柔らかな地色にお染替え。こちら…

  2. やわらかく大島を愉しむ

    モダンな市松柄の大島紬に織の表情豊かな雪輪のしゃれ袋帯。やわらかみのある優しげなコーディネー…

  3. ホッとやさしげコーディネート

    前回ご紹介した地色の綺麗な花唐草柄の名古屋帯とやわらかな色づかいの米沢紬。米沢紬のやわらかな…

  4. 季節を愉しむ染九寸名古屋帯

    すっきりとした紋織りの白地に京紫・紺藍で美しい摺りぼかしに染められた椿の柄の名古屋帯。椿は1…

  5. 木製ブローチの新作ができました

    木製ブローチの新作「ふきだし」。少し大きめでまるっとした形がポイントです。PARCOのイベントに持っ…

  6. 板締め絞りの麻着物

    生地を畳んで木型で挟んで染める「板締め絞り」。絞り染めの中でも古い技法といわれており、江戸時代には多…

  7. イベント『東京染めと京コモノの会』のお知らせ

    結庵ではすっかりおなじみの江戸小紋「江紋屋・三田村さん」と、京コモノ「一脇・脇坂さん」のお二人を仙台…

  8. 美しく可憐な京いろの名古屋帯

    美しい京紫地に可憐な花唐草柄の名古屋帯。白抜きに輪郭線と墨の濃淡だけの柄表現は、ほどよい光沢…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP